2009年3月アーカイブ

レーベル印刷

| コメント(0)

最近はすっかりとDVD-Rメディアはプリンタブルが定着し、
シルバーコートのメディアはプリンタブルに比べると逆に値段が高くなっている状態です。
しかし、それを印刷するプリンタが追い付いていないのが現状です。
業務用ではラベル印刷専用プリンタがあるのですが、家庭用になってしまうと
何故か文字のみや、LightScribeのようなモノクロっぽいものしかありません。
まあ普通のプリンタブルがLightScribeに対応してくれればそれはそれで楽でいいのですが、
現状ではそのような状態ではありません。

前置きが長くなりましたが、うちのプリンタのレーベル印刷機能が壊れた様子です。
プリンタはCanon Pixus 990iです。
前からちょっと調子が悪かったのですが、先日久しぶりに印刷しようとしたところ、
ディスクを上手く認識しないのか、トレイにディスクがありませんのエラーが出て印刷が出来ません。
かと言って普通紙に印刷する分には問題がないので買い替えるにも…という感じです。
それ以前に昔からレーベル印刷専用の小型のプリンタが欲しいと思っていましたがなかなか発売しません。
もっと市民がレーベル印刷を切望しなくてはいけないのでしょうか。

しばらく使用していなかったWindows98SEでしたが、Windows 98 Plus!が発掘されたのでインストールしてみました。
うちには95と98のPlus!がありましたが、Meや2000でもあったんでしょうかね…
ちなみに98Plus!をインストールするとデスクトップテーマというのがコントロールパネルに追加され、お好みのテーマを選ぶことができます。

98plus.jpg
ちなみにこれはジャズのテーマ(背景が動きます)

95のは何が追加されたかな…

それとVisual C++ 6.0 Standard Editionも入れてみました。
速度が抑えられているのか、インストールにすごい時間がかかってしまいましたが…
あとはVisual C++6.0のService Packを入れるだけかな。

イーバンクマネーカードを申し込みました。

イーバンクマネーカードTOP イーバンク銀行|インターネットバンキング

これでやっとATMからお金が引き出せます。

条件は16歳以上のみなので簡単に発行出来ます。
今はもう必要ありませんが、Xbox時代のXbox Liveはクレカオンリーだったので
このカードがあれば簡単に申し込めましたね。

※追記
発送は直ぐでしたが、届いたのは約1週間後でした。
これでオークションライフも多少快適になるかな。

クロネコメール便の厚さ測定定規を頂きました。

yamato.jpg

メール便はセブンイレブンなどから手軽に出せるために結構頻繁に利用するのですが、
普通の定規だと意外と厚さが測りにくく困っていました。
そこでネットで調べてみるとどうやらヤマト運輸から直接貰えるみたいな情報があり、
さっそく取り寄せた次第です。
これで計測時のドキドキともお別れとなると少々さみしい気もしますが。

Google Chrome

| コメント(0)

Google Chromeを使ってみました。

Google Chrome - ブラウザのダウンロード

普段使っているSlipnierはIEベースなので、それに比べるとPVにもあるように
かなりブラウザの表示が早く感じます。
あとは他のアプリとの連動(右クリックメニューへの追加など)があれば結構使えそうです。
ID Managerが使えないのが少々痛い…

ビデオカードを入れ替えたので、ベンチマークも測り直してみました。

前回のPCの構成:PC構成のまとめ - BLOG.NEYALARO.COM

ゆめりあベンチマーク
yume_nv.JPG
3回ほどループさせました。
スコアは71000~73000くらいです。
約10倍のスコアアップです。
前回:
ベンチマークを試す2 - BLOG.NEYALARO.COM

デビル メイ クライ 4ベンチマーク
dmc4_nv.JPG
D→S
前回:
ベンチマークを試す3 - BLOG.NEYALARO.COM

CrystalMark2004R3
テスト結果
前回:
ベンチマークを試す4 - BLOG.NEYALARO.COM

DirectX10はWindows Vistaでしか利用出来ないということで、
現在利用していないWindows Vistaを使用してデュアルブートをすることにしました。

便利なツール:
EasyBC 1.7.2
これはBIOSでのOS選択画面のカスタマイズが出来るツールです。
選択時間や、以前のWindowsなどの名前を変更できます。

ELM - マルチ・ブート・マネージャ
国産の有名なマルチブートツールです。
パーティションを隠したり出来ます。

とりあえずMBMは面倒そうだったので、まだ使わず窓の手2004を使用してVistaのドライブを隠して運用中。

RADEON HD 3200がかなり非力なのでビデオカードを買いました。
色々と迷いましたが、結局ドスパラでPALiTなるメーカーのビデオカード
『GeForce 9600GT 1GB Sonic(XNE/960TSX0202-PM8294)』を購入しました(9,980円)。
GeForce9600GTのラインナップは他にも512MBのOCと通常モデルがあり、
どちらも7,980円でした(ちなみにOCモデルは6pinの補助電源が必要で、通常モデルは不要です)。
4Gamer.net ― 補助電源不要のPalit製GeForce 9600 GTカードを試す。消費電力面のメリットはないが,コストパフォーマンスに魅力(GeForce 9600)

本当はH467QSS1GP (PCIExp 1GB)を買おうと思っており、価格コムを
見た感じだとドスパラにも置いてありそうだったので、これを狙っていたのですが、
運悪く(?)春のPALiT祭りが開催中であり、スペースのほとんどをPALiT製品が
占領しており、他のメーカーのはほとんど置いてない状態でした。
値段がかなり安かったので、さんざん迷った末に購入してしまったという結末です。

gf9600gt.JPG

フロボットさんが目印!!

ちなみにスペックは
gpuz.gif

今回はCrystalMark2004R3を使ってベンチマークをしてみました。

Crystal Dew World - ソフトウェア - CrystalMark 2004

結果はこんなかんじでした。

くわしくはこちら
test.html

今回はデビルメイクライ4のベンチマークを試します。
前々回、前回のベンチマークは比較的古いものでしたが、今回のデビルメイクライ4は
去年の7月24日に発売したゲームのものなので要求スペックがかなり高いです。

デビル メイ クライ 4
※カプコンからのリンク先はnVIDIA、Intelのともリンク切れになっていますので、
上記のサイトからダウンロードしました。

<推奨動作環境>
OS:Windows XP / Windows Vista
CPU:Intel Core 2 Duo
メモリ:1GB 以上(Windows XP)/2GB 以上(Windows Vista)
HDD容量:8.0GB 以上
モニタ:1280 × 720 以上
ビデオカード:NVIDIA GeForce 8600以上推奨
DVD-ROMドライブ:DVD9対応ドライブ
サウンドカード:DirectX 9.0c 以上
入力デバイス:Xbox 360 コントローラー

<必須動作環境>
OS:Windows XP / Windows Vista
CPU:Pentium 4 HT以上
メモリ:512MB 以上(Windows XP)/1GB 以上(Windows Vista)
HDD容量:8.0GB 以上
モニタ:640 × 480 以上
ビデオカード:DirectX 9.0c/Shader 3.0 以上、NVIDIA Geforce 6600 以上
※NVIDIA Geforce 7300を除く
DVD-ROMドライブ:DVD9対応ドライブ
サウンドカード:DirectX 9.0c 以上
入力デバイス:マウス、キーボード

ゆめりあベンチマークを試しました。
ゆめりあ.こむ

「ベンチマークソフトとしては、CPUやメモリに依存する割合が低いので、
純粋にビデオカードの性能が測れるソフトとして、かなり優秀で使えるベンチマークソフトです。 」
専用スレッドより引用

だそうなので、ビデオカードを取り換える前と後で比較が出来そうです。
※うちの環境では最初VGAとそれなりしか選べなかったのでパッチを適用しました。

結果:
バージョン1.2(パッチ適用)
設定はXGA、最高
スコアは7100前後

AMD780G+Ath64X2(5800)らしいですが、単純にeの差でしょうかね。
しかし所詮オンボードなのでPCI-EだとHD2400Pro(6950)クラスです。
総理からのお小遣いで1万円くらいのグラボを購入したら結構スコアは上がりそう。

PC構成のまとめ

| コメント(0)

ようやく一通りのインストールも終え、メモリもデュアルチャンネルにしたのでここで
忘れないうちに構成をメモしておく。
今後ベンチマークなどを行う際に、パーツの入れ替えによっての差を確認するために便利になると思うので。

現環境:
PC Wizard 2008 Version 1.871

<<< System Summary >>>
> Mainboard : Gigabyte GA-MA78GPM-DS2H
> Chipset : AMD 780G
> Processor : AMD Athlon Dual-Core 5050e @ 2600 MHz
> Physical Memory : 4096 MB (2 x 2048 DDR2-SDRAM )
> Video Card : ATI Radeon HD 3200 Graphics
> Hard Disk : Hitachi (500 GB)
> Hard Disk : WDC (1000 GB)
> Hard Disk : WDC (320 GB)
> DVD-Rom Drive : PLEXTOR DVDR PX-800A
> DVD-Rom Drive : PIONEER DVD-RW DVR-110
> DVD-Rom Drive : ELIRIL MVKL27WXQ SCSI CdRom Device
> DVD-Rom Drive : ELIRIL MVKL27WXQ SCSI CdRom Device
> Network Card : Realtek Semiconductor RTL8168/8111 PCI-E Gigabit Ethernet NIC
> Operating System : Microsoft Windows XP Professional 5.01.2600 Service Pack 3
> DirectX : Version 9.0c (September 2008)

ゴールデンタイムのアニメ番組の三大巨頭のひとつ、名探偵コナン(アニメ7)が来週で終了します。
これでゴールデンタイムに放送されているアニメ番組がドラえもんとポッキモソになってしまいました。
私がちびっ子の頃は毎日どこかの局で何らかのアニメが放送されていましたが、
現在は少子化で視聴率が取れないためかどんどんと無くなってきています。
火曜日の7時台にマスオさんがエンディングでドラムを叩いていたのが懐かしいです。
※(2009/11/17追加)
記憶違いでした。ドラムはカツオでした。↓の動画参照。

ちなみにアニメ7の枠には報道番組が入るそうです。

はがしっこシリーズの第5弾『値札はがし』のレビューです。
値札の付け替え対策か分かりませんが、最近の値札は非常に剥がれにくくなっています。
自分で使う分にはシュリンクを剥がせば済む問題なので気にならないと思いますが、
誰かにプレゼントしたり、オークションに出したりするときに綺麗に剥がしたいときがあるでしょう。
そういう時にこの『値札はがし』を使うと便利かも知れません。
使用上の注意を見てみると染料の落ちやすい革製品、ニス・うるし・ペンキ塗り製品、
印刷されたビニールに貼られている値札は、事前にテストして確認してくださいとあります。
なので無難にビニールでシュリンクされた商品に対して使用したほうがいいでしょう。

とりあえず試してみました。
gazou_01.jpg
実験に使用したのは某安売りで購入したCDの値札です。
ここの値札は特に粘着力が強く、ベテランの値札はがしのスキルが要求されていました。

標準のテンプレートだとサイドバーに出る月別アーカイブが、ブログ開設時から出てしまい
非常に長くなってしまいます。
どうにかプルダウン化出来ないかなと調べてみたらどうも標準のウィジェットにあるみたい…

今回は前回の『テンプレートを弄りすぎて時間が経つとやり方を忘れてしまう』という反省を
踏まえて出来るだけ標準状態でやっていこうと思っています。

久々にAmazonのアフィリエイトのリンクを貼ってみようかと思ったのだが、
MT3の時代から大きくタグが変わったのか、まともにリンクを貼ることも出来ない。
調べても全然出てこないし…

アマゾンさんの笑顔が気に障る。

とりあえずこの記事に貼ります。

記事に貼る分には大丈夫みたい。

くるくるは成功。

※追記2009/4/4
一時お気に入りウィジェットを導入したが、あまりにも表示が遅く、そしてサイトが重くなるために辞めました。
くるくるでも商品を登録出来るので、Flashだからか表示も比較的軽いのでまた戻しました。

MTを3.2から4.24にアップグレードしました。
前からやりたかったのだが、どうもやり方がよくわからないので放置していました。
本当は3.2から一度3.3にしてからアップグレードをするのがいいみたいですが、
MTの公式サイトでの配布が去年末で終了していました…

どうもサイトによって書いてあることがまちまちだし、
分かる人前提の書き方なので結局よくわからずに強行しました。

Virtual PC 2007 SP1

| コメント(0)

最新のVirtual PC 2007はSP1みたいですが、公式サイトからダウンロードしたら
それより古いヴァージョンがダウンロードされます。
こちらもそれに気が付かずに使っていました。
ダウンロードセンターでVirtual PC 2007 SP1を検索してダウンロードしないといけません。

SP1を導入してみましたが、S3 TrioのVRAMが8MBになったりはしませんでした。


SP1とは明確には書いていませんが、6.0.192.0がSP1です。

さて某氏より先にWindows98SEをクリーンインストールすることになったが、
ここで注意事項をメモしておきます。

まずWindows98SEに標準でついているIEのバージョンは5なのでWindows Updateが上手く機能しません。
そこで一旦IEを6にバージョンアップさせないといけないのですが、
ファイルをダウンロードしようにも正規品のチェックを受けなくてはならず、
どうもWindows98SEではそれすら出来ないのでファイルのダウンロードが出来ません
(どこか他からならダウンロード出来るかも知れませんが)。
同じ理由でDirectXのランタイムもダウンロードが出来ないので、その2つを予め
CD-Rなりに焼いておくことをお勧めします(USBメモリはPCによっては使えないので)。
出来ればスタンドアロンでセットアップ出来るものが良いですが、
ダウンロード版でもネットに繋ぎさえすれば使えるのでどちらでもいいでしょう。

無事にIE6にバージョンアップ出来たらWindows Updateも使えるようになるので、
すぐに修正ファイルを当てましょう。

さて無事にWindows98SEをインストール出来ましたので、
XPでは動かなかったゲームをプレイしてみたいと思います。
といってもS3 Trio 32/64 PCI (8MB VRAM)S3 Trio - Wikipediaは2Dボードなので、
3DゲームはMS-DOSのしか動かないかも(試してはいませんが)。
Direct3Dには対応してないっぽいので現状では洋ゲーは厳しいと思います。
Windows APIベースの2Dゲームはとりあえず動きました。

ビデオカードの性能なのですが、VRAMは8MBらしいのですがうちの環境では
4MBになっており、1024x768の解像度ではハイカラーにしかなりません。
実際に計算してみると
1024x768x4(32ビット)=3,145,728=3MBで足りていると思うのですが選択は出来ません。
しかもリフレッシュレートも75Hzを選択してるのに適用されないし…
そもそもVirtual PC 2007はVistaまで対応しているみたいですが、このグラボだと
正直かなり厳しい感じがします。
XP以降はグラフィックチップが描画をサポートしてくれますが、多分Virtual PC 2007だと
全てCPUがエミュレーションするので高性能なCPUじゃないとつらいと思います。

Virtual PC 2007を使ってWindows 98 SEをインストールしてみました。

環境は以下
OS:Windows XP SP3
CPU:Athlon X2 5050e
MEM:DDR800 4GB(2.75GB)
MB:GA-MA78GPM-DS2H(グラボとサウンドはオンボードを使用)
FD:なし
光学式ドライブ:DVR-110、PX-800A

ちなみにVirtual PCは以下のハードウェアがエミュレートされていて、
現在のバージョンでは変更不可みたいです。

CPU:Windows版の場合はホストPCと同じ(ただし1コア)
BIOS:AMI BIOS
チップセット:Intel 440BX
サウンドカード:Creative Labs Sound Blaster 16 ISA Plug and Play
Ethernet:DEC 21140A 10/100
ビデオカード:S3 Trio 32/64 PCI (8MB VRAM)
また、Virtual PC 2007よりIntel VTとAMD-Vの仮想化技術にも対応する。

USBスピーカ

| コメント(0)

"音"に拘る私は約3年の間Arvelサウンドの洗礼を受けた。
そんな私の耳を満足させられそうなスピーカが見つかった。


SANWA SUPPLY MM-SPU2WH

ホワイトモデルの他にシルバーモデルもある。
Amazonでは\1380と56%ほどOFFになっているものの、Arvelスピーカに比べて約3倍のお値段である。
オーディオマニアの方から「ワット数が高ければ良いわけじゃない」との教えからこれを買おうかと迷っている。
どうもマザーからの電磁波によるノイズがひどいのでUSBにしたら多少は変わるかなという願望もこもっています。

値段が値段なだけに慎重にことを運ぶ必要はありそうです。

関連記事:BLOG.NEYALARO.COM: 高級オーディオ購入記

次回以降のPC購入時の指標になるかもしれないので、
ちょっとずつベンチマークの結果を残しておく。

円周率計算プログラム「スーパーπ」

Superπ
+000時間 00分 01秒 [ 1.6万桁]
+000時間 00分 01秒 [ 3.2万桁]
+000時間 00分 01秒 [ 6.5万桁]
+000時間 00分 02秒 [ 13万桁]
+000時間 00分 07秒 [ 26万桁]
+000時間 00分 16秒 [ 52万桁]
+000時間 00分 36秒 [ 104万桁]
+000時間 01分 23秒 [ 209万桁]
+000時間 03分 02秒 [ 419万桁]
+000時間 06分 40秒 [ 838万桁]
+000時間 14分 49秒 [1677万桁]
+000時間 32分 26秒 [3355万桁]

遅ればせながら新PC組立記念にWindows 7をインストールしてみました。
思い立った時には既にマイクロソフトの公式サイトからはダウンロード出来なくなっていましたが、
とりあえずプロダクトキーだけは発行しておきました。

どこかの情報でマイクロソフトコネクトからもダウンロード出来るということでさっそく64ビット版と
32ビット版をダウンロードしてみました。
Microsoft Connect

インストールしたのはとりあえず現在メモリが2GBしか積んでいないので32ビットにしました。
Vistaは使ったことがないので詳しくは比較は出来ませんが、インターフェイスはかなり似ています。
動作の方はVistaに比べたら軽いそうですが、よく分かりません。
ただ、インストールしたのはいいが、ベータ版なのでソフトの方がほとんど対応していないので
IE8でも入れようと思いましたが無理でした。
セキュリティソフトはNISOをインストールしましたが、こちらは問題なく使えました。
MS製のソフトはOSで規制しているのかインストールは厳しそう。
Windows Liveメッセンジャーも最初のインストールの準備の画面から進まなくなって
インストール出来ませんでしたし。
特にやることもないので、このままお蔵入りしそう。

一応スペックは
CPU:Athlon X2 5050e
MB:GA-MA78GPM-DS2H
MEM:DDR800 2GB シングルチャンネル
HDD:IDE 160GB

部品

| コメント(0)

任天堂の通販で部品の販売をしていることを初めて知りました。

部品販売のご案内

ここを見てみるとゲームボーイプレイヤーのスタートアップディスクは1,695円する。
この値段を考えると1,200円ぐらいで購入できたのはお得でした。
ディスクさえもっていればプレイヤーが壊れても別途本体を中古で購入しても安心かな。

アクセスカウンタ

合計カウント1121456
本日カウント0037
昨日カウント0120

このアーカイブについて

このページには、2009年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年2月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

2012年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Amazon TVゲームランキング

Powered by Movable Type 4.261

Twitter

Neyalaro(@neyalaro) - Twilog
QRcode.png

cmanで作成しました

Google AdSense